「第6の絶滅期」到来、想定よりも深刻か!?

地球上で生息数や生息地が急激に減っている動物は、絶滅の危険が指摘されている希少動物に限らず、従来考えられていたよりはるかに多いことが、新たに発表された研究で明らかになった。

メキシコ国立自治大学の生態学者、ヘラルド・カバジョス教授や米スタンフォード大学の生物学者、ポール・エーリック教授らのチームが10日、米科学アカデミー紀要(PNAS)の最新号に論文を発表した。

チームの研究によると、陸上にすむ哺乳(ほにゅう)類や鳥類、両生類、爬虫(はちゅう)類合わせて2万7600種類のうち、実に3分の1近くの生息数、生息地が減少していることが分かった。

さらに、なじみの深い哺乳類177種類に注目すると、その全てが1900~2015年の間に生息地の3割以上を失い、4割余りが生息地の8割以上を失っていた。

地球には過去5回の大量絶滅時代があったとされる。科学者らは第6の絶滅時代が迫っていると警告しているが、その傾向は従来考えられていたよりずっと深刻だと、チームは警告する。

例えばアフリカには現在40万頭のゾウが生息している。絶滅の恐れがある動物とはされていないが、20世紀初頭の100万頭に比べると半数以下に減少したことになる。

特にこの10年間は減少のペースが速く、このままだと20年後にはアフリカから野生のゾウが消えてしまう可能性があるという。

カバジョス教授は「幸いなことに、まだ時間はある」と指摘。「この結果から言えるのは、今こそ行動を起こすべきだということ。限られたチャンスだが、我々にできることはある」と訴えた。

 

名無しさん
2日前
最大の原因が人類文明の発達でしょうね…
名無しさん
1日前
人間目線で話している間は
問題は解決しないと思う。
名無しさん
1日前
これに関しては人間の社会活動が原因かなー
まぁそれも自然の一部といえばそうなんだけど
でも人間のひとりとしてはそれだけで済ましたくはないなぁ
名無しさん
1日前
温暖化と嘘を流して、二酸化炭素排出量を
金で売り買いする、人間だ。他の種が絶滅するのを気にする人間はいるが、力をもってない。
力を持ってる人間は、金にならなければ、動かないと思う。
人間が絶滅するのが、地球にとっては、一番良いことだと思う。
名無しさん
1日前
自然の摂理でそうなったわけではない、殆ど人間が原因でしょうが
名無しさん
1日前
過去五回の大量絶滅はあくまで自然現象によるものだから今回のそれを6度目とするのはどうなのか、現在起こっているのは色んな理由があるとはいえ人類に起因する所が大きいわけだし。
でも…まあ大きな目線で捉えれば人間という生物の行動も自然現象と言えなくもないか…
生態系が急激に壊れるような事態に陥れば環境にもダメージが蓄積して人類にも大きな危険が及ぶ可能性はあるわけだから「心境的にどうにかしたい」なんて呑気に言ってられなくなるかもしれん。
昆虫や動物が絶滅すれば当然植物にも影響が出る、地球上の植物が絶滅し始めたら地球はあっという間に人類なんて住める環境じゃなくなる。
名無しさん
1日前
自然の流れではない絶滅期の到来なんだろうね
名無しさん
1日前
考えさせられる記事です。
名無しさん
1日前
人間も自然の一部だから仕方ないという言説は、巡り巡って人類の存続が危うくなった上でも言える人のみが言って良いことだと思う。
名無しさん
1日前
先進国がもっと質素にならない限りどうにもならないような。「採れるだけ採る」っていうのはもう改めないと。どの程度自然から採っていいかなど厳格に基準を作らないと。足し算引き算ですよ。競争社会でそれは難しいのは判りますが、いつかは誰かが通る道だと思うので。
日本も海に関しては褒められたもんじゃないですよね。日本に身近で今危惧されてるのはクロマグロ。消費以上に取るのはどうにかならないでしょうか。根本的に自然環境が回復するには、人が自然界から再生サイクル以上に採らない事以外ないでしょう。養殖や植林、リサイクルなども現時点で出来る負担軽減に留まってますからね。
人間が技術力で消費を賄えるようになるまでは「我慢」以外ないのではないでしょうか。生物は何かしら役割や共生関係を持っているでしょうが、人類は地球上から万遍なく消費してしまっているので、人類のしてることは自然淘汰というのは無理がありますね。
名無しさん
1日前
なぜ、100万頭が40万頭に減ったのかが書いとらんじゃないかー。密猟による乱獲が原因なのか、環境破壊によるものなのか、それとも別の要因なのか、ほんま、もやもやするわ。
名無しさん
1日前
世界のリーダーが関心がないから何も解決されない。
名無しさん
1日前
蝶やバッタ、セミ、トンボ等、特定昆虫が子供の時にいた数より、明らかに少ない気がする。
名無しさん
1日前
絶滅のほぼ大半に人間が関わっていることは疑いようのない事実ではないでしょうか。ゾウなんて人間が象牙を欲するあまり、何万頭殺傷したことか。
考えたくはないですが、そろそろ人間に鉄槌が下る日も近いかも。
名無しさん
1日前
人類もそのうち、、。
名無しさん
1日前
ほとんどの生き物にとって人間は自然にできたがん細胞そのものだなぁ
名無しさん
1日前
象については象牙目的の狩猟が原因の一つにありそう。
アフリカで活躍される日本の獣医師さんの記事によると、未だに続いているそうです。
名無しさん
1日前
まあ色んな理由があるとは思うが、人類の活動が最大の原因でしょうな…
文明発展と経済活動で回復力を上回る環境破壊をするようになってしまったし、人類は地球にとって最強最悪の害虫になってしまい、地球上の人類以外の全ての動植物にとって脅威であることは明白。
その頭脳とチームワークで地球を救うこともできるはずだが…中々協力できないからな…
自然の摂理、弱肉強食、と言ってしまえばそれまでだが、果たして人類はどれだけあがらうことができるだろうか。
名無しさん
1日前
誰かが生物は一つ一つ捕まえても根絶は難しいが環境を変えれば簡単に絶滅するような事を言っていた。
なるほどと思う反面、人間の力で捕獲しすぎ絶滅したものも沢山ある。
近くの用水、昔はミジンコ、イトミミズ、オタマジャクシ、アメリカザリガニなど沢山いたが今はほぼいない。
誰かがミジンコを沢山捕ったわけでもないと思う、たぶん農薬か生活汚水などで住めなくなったんだろうなと。
良い悪いは別にして、山を切り開けばある生態系が崩れ住めなくなるのもあると思う。
名無しさん
1日前
現実的な自分ですが、決して人類だけは特別と思っちゃいけないと思う。
名無しさん
1日前
他の生物生息のために、人間がもう少し謙虚になるべきだと思う、
例えば、ゴルフ場一つ作ったらいったいどれ程の生物が生息域を失うか、
そういう研究が世界中全くなされないのは残念、
名無しさん
1日前
熱帯林の減少が一番大きい気がする。アマゾン川流域の熱帯雨林は数年前と比べてかなり減少しているし、マダカスカルやボルネオ島なども急速に減少している。やはり森林破壊が最も大きな原因。それに関与している日本は最大の環境破壊国であると言える。アメリカのことをどうこう言う立場ではないと思うのだが。
名無しさん
1日前
もう引き金は引いた。気候変動も始まった。ここから先
変化は急激に来る。誰にも止められない。
ならば、次の知的生命体の出現を期待して何かを残せない
ものだろうか・・・
名無しさん
1日前
人間が原因
多い意見で、これに尽きると思う。
名無しさん
1日前
これまでと違う原因によって
絶滅危機にあると云うことも
合わせて書いた方が良いと思
う。
名無しさん
1日前
何かの比喩として言っているのかな。でなければ今回の絶滅が何によって起されようとしているのかを伺いたい。
普通に考えれば「人類の繁栄」が原因のはず。それに一切触れていないのはなぜでしょうか。
結果的に何を言いたいのかが良くわからないニュースになってしまっています。
名無しさん
1日前
ヒトが増えすぎている。でも、他の生物がどんどん減ってヒトにフィードバックがかかるまで、ヒトは増え続けるに違いない、まだ先だと思うけど。。。色々やるべきことは多い。
名無しさん
1日前
勘違いしてる人が多いけど、これって本来は数万年かけて絶滅するんだけど、6期は数十年で絶滅してますってことだからね。
かなり深刻なんだよ。
名無しさん
1日前
どのみちそういう時期が来るんでしょ
名無しさん
1日前
恐竜の時代を約1億年、人間の歴史を500万年としたら、20分の1ぐらい!
でも、今の人間のほとんどの人々、特に先進国の人達はたった百年先の自分の子孫の地球環境、生活、食料ですら不安を感じている。
政治家が人間の本当の幸せ、「子孫繁栄」を考えて話できれば、たくさんの問題は解決されていくと思う。
資本主義の考えの限界です。
もっと、太陽と共に、自然共存主義的な幸せの価値観を持つ国にせめて日本はなろう。
ハイテクなのに、時間に追われて、心が荒んだ人類のあり方よりも、決して贅沢ではないけど、衣食住に不安なく、家族と楽しく自然を感じながら生きていける姿を定義できればたくさんの家族がそれを求めていると思う。
1億年後も素晴らしい人類が栄えているだろうと思える現代になってほしい。
自然共存主義党良くないですか?
今、行動を起こす時と私も思います。
たいへん、興味のあるトピックです。^_^
名無しさん
1日前
人間は増え続けてますよね。
最近は山の中に墓地を作ってるから、だんだん緑ではなくグレーの景色になってますよ。
かなり昔ですが、ヘリで街の上空を飛んだ事があります。
下から見上げてると自然一杯に見えたのに、上からだと、スキー場やゴルフ場。工場に鉄塔、ホテルに道路、投棄された電化製品などのゴミ!ほとんど緑なんてありませんでした。
こんな小さな場所で野生動物は生きて行けるのか?って愕然としましたね。
子供の頃は沢山いたギンヤンマやアゲハチョウにキリギリス
最近は全く見なくなりましたね。。。
名無しさん
1日前
自然のバランスから言っても人間が多すぎ
なんでしょう。だから崩れる。
が、人間はどうにか生き延びようとする。
が、ある時それが一気に崩壊するんだろうな。
人口が減って、ストレスも減って、必要な
人が必要な仕事をして、豊かに暮らせる世界
と言うのには憧れる。
名無しさん
1日前
その中に少子高齢化が深刻になりつつある”ニホンジン”は含まれてますか?
名無しさん
1日前
トランプのせいでCNN=フェイクニュースのイメージがついた。
まぁこれは本当だと思うけど。
名無しさん
1日前
動物が生きれない環境が進むことは
将来的に人間も滅んでいくことに通じるのかもしれません
名無しさん
1日前
だってこれまでの絶滅って、隕石とか、
そういうどうにもならないレベルでの大量絶滅でしょ?
記事から察すると、
あたかも人間が原因で絶滅してしまうように書かれてるけど、
その場合は、過去の大量絶滅期と同列で扱ってはいけないと思う
名無しさん
1日前
今日みたいに気温が簡単に35℃超えるなんて、琵琶湖とかすげえ悪影響ありそう。
人間のせいでもあるかもしれないけど、人間も動物なので、それも「自然の摂理」だと思うわ。
欲深い生き物だからね。
名無しさん
1日前
カエルも減った田んぼにドジョウもみないスズメも減った気がする
田んぼをコンクリートで囲んでしまったら小動物も来なくなる
名無しさん
1日前
全部人間が関わってるんじゃない。
良くも悪くも人間が原因。
名無しさん
1日前
車乗りますが
あんなものが作られている代償はとてつも無いと思う
名無しさん
1日前
一種族突出して栄えてるものがあれば他が減っていくのは当然のこと。
ピークを迎えればやがて減っていき新しい種がまた栄え始める。
自発的に数でも減らすのであればともかく、それはできないだろうから緩やかにその方向に向かって進むしかないんだろう。
気の毒だとは思うがいずれむかえるその時期の人に頑張ってもらうしかない。
名無しさん
1日前
果たして、個々の人間は何をしたら良いのだろうか?複数の人間が行動を興さないと何も解決しないのではないだろうか?
名無しさん
1日前
中国なんか全く興味のない内容だろうね。
名無しさん
1日前
たぶん、もう、間に合わない。
名無しさん
1日前
仮に第6絶滅期が来たとするならそれは我々人間がしてしまったことではないでしょうか。
名無しさん
1日前
人類の環境悪化への加担が激し過ぎますね。
名無しさん
1日前
人類の英知で何とかできる問題なのかな?
何とかしたつもりでも、自然の力には叶わないのでは?
名無しさん
1日前
不安煽って金儲けする人がでてくるだけで結局根本的に解決しないからそれで絶滅しても仕方ないと思います。
アメリカやロシアや中国の暴走を誰が止められるんですか?
名無しさん
1日前
トランプのカードの切り方が問題になるだろう。
名無しさん
1日前
もう手遅れだと思う。