世界の今をダイジェストするNetflixオリジナル作品で暗号通貨が取り上げられる

「世界の今をダイジェスト」するとして毎週水曜に配信されているNetflixオリジナル作品「Explained」の第1話として暗号通貨が取り上げられている。
しかし、ビットコイン開発者であったJameson Lopp氏は番組内の内容を幾つか批判している。
彼はNetflixがビットコインとブロックチェーン技術のユースケースを正確に分析できなかったことを強調し、「ビットコインのほとんどが違法サービスに費やされている」と誤解を与えていると訴えている。
ビットコインは本質的に透過的で匿名ではないという事実を完全に否定した内容となっている。彼はその他にも幾つかの間違いを指摘している。

Factual errors made by @netflix's "Explained" episode on cryptocurrency:* Most bitcoin is spent on illegal services.* Byzantine General's Problem is about being able to transact privately.* Satoshi invented the blockchain.* All cryptocurrencies use blockchains.
— Jameson Lopp (@lopp) 2018年6月10日
https://platform.twitter.com/widgets.js
Netflixによる作品はこちら
Source: クリプトカレンシーマガジン