国際金融機関Susquehanna International Groupが暗号通貨市場に参入

米国ペンシルバニア州の株式、オプション、ファンド、ETFなどの伝統的な投資を扱う最大の金融会社であるSusquehanna International Groupは取引デスクを構築して数百万ドルものビットコインやその他の暗号通貨をプライベート取引で購入、販売を行うとしている。
現在、500人の顧客からなる小規模グループとの取引を開始し、拡大計画を立てているようだ。
Susquehannaのデジタル資産グループの責任者、Bart Smith氏は「このテクノロジーとこの資産クラスは金融サービスの一部を変えようとしており、永遠に存在すると考えている」と述べた。
Susquehannaはビットコインの先物取引を行い、イーサリアムやビットコインキャッシュなどの暗号通貨を売買することを開始するため、規制当局に提出したブローカーディーラーライセンスの修正を行った。この変更により、規制当局によって証券化された暗号通貨を取引することが可能になる。米国の規制当局は最近、ビットコインではなく、新しく作成された多くの暗号通貨が有価証券に分類され、規制対象事業体によってのみ取引されるべきであると指摘している。
Bart Smith氏は投資家にとって最大の問題は、バーチャル通貨を保有する際のセキュリティリスクであると語った。
Susquehannaは、暗号通貨を保管するための独自のシステムを構築した。ハッカーによるハッキングを抑止するために、秘密鍵は会社のコンピュータシステムの他の部分に接続されていないオフサイト施設内のデバイスに保存される。
参考元
nytimes.com
Source: クリプトカレンシーマガジン