月面に立つアメリカ星条旗は「ぼろっぼろ」!!

月面に立てられた星条旗とその隣に並ぶアポロ11号の宇宙飛行士 ー この写真は、時を経ても色あせることがない。月面の星条旗は、遥かかなたの地球に向け「我々はここまで来た」と告げている。

だが残念なことに、1969年から72年にかけて月面に立てられた6つの星条旗の状態は良くない。

NASAの無人月探査機「ルナー・リコネサンス・オービター(Lunar Reconnaissance Orbiter)」が2012年に撮影した画像によると、6つの星条旗のうち、少なくとも5つは残っていることが判明した。しかし強烈な太陽光に数十年間さらされ、その象徴的な色は失われていると推測される。

Gizmodoはもはや星条旗は完全に真っ白になっているだろうと伝えているが、国旗の状態はもっと悪い可能性がある。

星条旗はレーヨン生地を使い、Annin Flagmakersが製造した。NASAが支払った費用は5ドル50セント、現在の貨幣価値にして約32ドル(約3600円)だ。地球ではこのような旗は太陽光で色あせる。太陽光に含まれる紫外線は、地球の大気に完全には吸収されず、旗の繊維と色を破壊するからだ。

月は太陽光を吸収する大気を一切持たず、クレーターの外に日陰はない。つまり、アポロの宇宙飛行士によって立てられた星条旗は、毎回2週間、強烈な太陽光と太陽からの紫外線にさらされる(月の「1日」は地球の約28日間に相当するため、昼は14日間、つまり2週間続くことになる)。

スミソニアン博物館の雑誌「Air & Space」2011年7月号の記事で、科学者のポール・スプーディス(Paul Spudis)氏は次のように解説した。

アポロ計画により、宇宙飛行士たちは6つの星条旗を月に立てた。40数年の間、星条旗は、照りつく太陽光と100度の熱を14日間、マイナス150度の凍えるような寒さと暗闇を14日間、交互に繰り返す月の過酷な環境にさらされてきた。しかし、こうした環境よりも厳しいのは、太陽からの強烈な紫外線で、星条旗の生地(モダール)を破壊している。地球上でさえ、何年も強い日光にさらされた旗は色あせてしまう。つまり、アメリカの偉大な功績を象徴する月面の星条旗は、さえぎるものなく太陽から直接届く紫外線によって、真っ白になっているだろう。物理的に壊れ始めている旗もあるはずだ。

アメリカにはもう明確な宇宙計画はない。我々の頭上にある月にはもう星条旗だと分かるものははためいていない。なんと皮肉なことだろう。


名無しさん
5/10(水)17:33
アメリカが月面に人類を立たせて、偉大な国だと誇示していても、過酷な宇宙環境と太陽には白旗を振るしかない。

名無しさん
5/10(水)8:04
そりゃ50年間シールド無しの紫外線に曝され続けたら・・
風吹かない分、形だけは残ってるかな。

名無しさん
5/10(水)22:27
韓国が2020年くらいに
月に行くと行ってなかったっけ

名無しさん
5/10(水)23:09
本当に月面に星条旗は在るのだろうか?

名無しさん
5/10(水)9:55
次回は真っ白になった旗の真ん中に赤い丸描くんだ。

名無しさん
5/10(水)19:34
半世紀も日光に照らされてればさすがに色あせるでしょう

名無しさん
5/10(水)10:00
ではもう一回行って立て直してきたら?

名無しさん
5/11(木)8:22
大丈夫。
旗がぼろぼろでも、私たちの記憶にありますから。

名無しさん
5/10(水)12:53
ほんとに月面に立ってるんですかねぇ?

名無しさん
5/10(水)22:02
交換しに行くいうわけにもいかんしなぁ

名無しさん
5/13(土)13:11
うさぎの仕業だろ

名無しさん
5/10(水)12:15
次に立つのはどこの国旗だろうかね。
まあ、無駄な見栄でしかないけど。

名無しさん
5/13(土)8:18
これが事実なら、人類は本当に月に行ってたことになるな。
別の意見もあったけど。

名無しさん
5/10(水)21:55
TORAYにしなさい!

名無しさん
5/11(木)0:03
月からどのような行程で発射し,地球に正確に達したのか

名無しさん
5/11(木)8:15
かぐやで撮影されていないかなあ。

名無しさん
5/12(金)18:22
月への観光が出来るようになったら、謎の油のシミが付けられたと
ニュースになったりするんだろうか

名無しさん
5/11(木)9:08
地球凄いなぁ。

名無しさん
5/12(金)6:51
で、なぜ月には行かなくなったの(笑)

名無しさん
5/10(水)23:47
おもえば、大昔の真空管の時代に、よく月まで行って帰ってきたもんです。

名無しさん
5/13(土)20:40
コンピューターも発達していないこんな昔に人類が月面に降り立ったという事実に改めて驚くとともに、以降火星とかさらに遠くまで行けていないといことで、進歩が停滞していることにも衝撃を受ける。

名無しさん
5/14(日)2:23
はためいている

名無しさん
5/10(水)17:36
化繊=プラスチックですもん。
粉になって落ち、小山になってる。

名無しさん
5/13(土)12:16
実際の現在写真が無いのはなぜ?

名無しさん
5/11(木)10:57
ハッブル望遠鏡で月面を観測したら
どのくらいの画像が得られるんだろう?

名無しさん
5/13(土)1:00
よく100度や-150度の過酷な状況もある中で月面に立てたなぁ。
立った時は何度だったんだろう?

名無しさん
5/15(月)0:50
結局、ガガーリンの名言「地球は青かった」に触発されてソ連よりも先に月面着陸に成功しようと意気込み実現させた。それだけで終わってしまったということ。

名無しさん
5/12(金)17:36
はためかない

名無しさん
5/14(日)21:57
月面の星条旗
何で画像がないんだろ?

名無しさん
5/15(月)9:35
実は宇宙人との密約で月来んなって言われていたりね

名無しさん
5/11(木)18:13
で、アポロも実は着陸してないと。

名無しさん
5/13(土)0:23
…と同時に疑惑もはれるかもね?

名無しさん
5/11(木)10:03
実際、本当にあるの?

名無しさん
5/11(木)8:07
もともと刺さってないと思います

名無しさん
5/10(水)19:12
本当に月面に星条旗が立っていて、人類がいずれ月に戻った時に回収されれば貴重な歴史資料になりますね。
そうなればプレミアついてとんでもない額で売買されるのか?

名無しさん
5/13(土)9:44
皆既月食のときだけは一休みか。

名無しさん
5/11(木)1:19
当時は紫外線などによる光線による劣化があまり認識されていなかったのだろうな。認識していれば100年以上耐えうる素材と設計を考えただろう。

名無しさん
5/13(土)13:36
何か、それっぽく月へ行ったような話
してるけど、致死量の数百倍の放射能が
三層になって渦巻くヴァンアレン放射能帯
(うち一つはNASAが核爆弾を宇宙空間で
爆発させて発生させた)
ここを4時間以上かかって
越えなければ月へは行けないことが
既にわかっている
往復計6回通過しなければ月へは
行けないのだけれど
本当に行ったのかね?
捏造だらけのNASAの話は鵜呑みにすると
大変な事になる
地球上空600キロ以上の場所に有る
ヴァンアレン放射能帯を薄いガラスの
アポロが本当に越えたのか?
先ずはそこからだ

名無しさん
5/14(日)17:56
ほんまに行ったか?

名無しさん
5/13(土)13:46
本当に月に旗立ってるの?

名無しさん
5/14(日)17:56
ほんまに行ったか?

名無しさん
5/11(木)12:24
アメリカと一緒にポロポロでいいんじゃない。

名無しさん
5/14(日)1:00
月面でたなびくアメリカ国旗(笑)

名無しさん
5/11(木)15:32
火星や月への移住なんて無理ってことだな
大気のシールド無いし
重力弱いから大気を作っても宇宙に拡散するだけ

名無しさん
5/14(日)7:17
そもそも、あるの?

名無しさん
5/11(木)20:53
意訳すると
「全部ウソでした」

名無しさん
5/11(木)11:38
ハリウッドスタジオの照明の位置が悪いから、陰が複数ある。カメラワークも昭和ですな。

名無しさん
5/13(土)13:25
もともとトランスフォーマーを調査するのが目的だったからな。

名無しさん
5/10(水)7:45
宇宙人のために立て直すべき。