野村HDはウォレット開発を行うLedgerとパートナーを組みデジタル資産保管サービスを検討

野村證券の持株会社である野村HDはウォレット開発を行うLedgerとGlobal Advisorとパートナーを結び「Komainu」と呼ばれるプロジェクトを立ち上げることを暗号通貨カンファレンスにて発表した。
このサービスは暗号通貨などの資産を管理運営する。「伝統的な銀行業務、資産管理、資金管理、取引、デジタル資産セキュリティ」の分野から専門知識を引き出すKomainuは、機関投資家に、より安全なデジタル資産投資を提供するとしている。また、機関投資家向け法規制対応保管サービスを検討している。今後、サービスを提供するため共同研究を行っていくとしている。
野村HDのローバルチーフデジタルオフィサーJez Mohideen氏は以下のように述べている。
世界の投資管理者は、運用資産および規制リスクによって制限されるデジタル資産市場への完全参加からずっと後退しています。当社の新しいパートナーシップは、デジタル資産投資家に安心感をもたらし、ミューチュアルファンドなどの伝統的な投資手段とのより良い統合を可能にするツールおよび製品を提供するために必要な基準を設定します。
これによりこれまで個人投資家が中心であった暗号通貨市場に多くの機関投資家が参入してくるかもしれない。
プレスリリースはこちら
参考元
bitcoinist.com
Source: クリプトカレンシーマガジン