ENDO:ブロックチェーンを利用した認定データ検証プロトコル

現代の個人、組織、政府、大学は、認定されたデータ検証の問題を抱えている。これには、ハッキングやデータ損失のリスクだけでなく、暗号化や分散型ストレージのない情報の置換、削除、変更からデータが保護されていないことも含まれる。
問題は、検証プロセスがデータの範囲とタイプが異なるという事実に結びついている。各ビジネスや州政府は、情報の検証、期限の逸脱、文書の完成方法の違いなど、独自の仕組みを持っている。データが確認され、容易に実証されたとしても、情報自体はまったく異なるチャネルを通じて送信され、異なるソースから収集されるのだ。これは時間がかかり、コストを消費する。データが一貫していない場合、そのさらなる使用は複雑になる。
認定データ検証プロトコルであるENDOは、人 、ビジネス、政府の相互作用の連鎖に基づいてこれらの問題を解決する。
チェーン1:人-人
2人の個人間の交流の一例は、言葉と約束で成り立つ。私たちの世界は非常にぼやけてしまっているが、人々は自分が望むものを何でも言い、自分が本当にそうでない人であるふりをすることを許している。このようなシナリオでは、とりわけソーシャルネットワークが非常に便利である。二人が何かに同意してビデオやディクタフォンに録画することを決めたとする。この相互合意は、可能性の1つとしてフェイスIDを使用して、MyENDOと呼ばれるアプリケーションを通じて確認することが可能だ。この契約の記録は、実際には電子ウォレットであるアプリケーション内の個人アカウントに保存される。
また、外部アドオンやGoogleドキュメントなどのアプリケーションに関する同意記録を保存し、問題の人と共有することも可能だ。主に、ENDOのこの契約、またはその存在に関する(個人情報を開示することなく)ハッシュは、すべての人がその有効性を確認できる公開されたブロックチェーンに自動的に置かれる。
個人が脅迫され、致命的な結果が生じた場合に特定の情報を公に利用できるようにする必要がある場合など、特定の日付までに情報を利用可能にすることも可能である。地方分権によってそのような情報が確保されると、個人間の合意における多くの信頼問題を解決することができる。
チェーン2:人-ビジネス
個人と組織の相互作用には何百もの方法があるかもしれないが、この相互作用は仕事のプロセスの過程で始まると主張することができる。私たちが仕事を取るかどうかは、領土や地元のギルドの長が王国の遠い地域を訪れる旅行者の手紙としてそれらを作ったとき、封建的なイングランドで起きた、履歴書と呼ばれる小さなものに依存している。 1950年代に、CVは西半球で公式化され、就職の間に期待され始めた。最近まで、特にインターネットの登場前には、履歴書は個人の経験と教育の正式な判断であると考えられていた。
今日、履歴書の「重み」は、それが保持する情報がしばしば改ざんされる可能性があるため、徐々に減少している。この点で、多くの経営陣は潜在的な従業員の履歴書の読取りを中止している。実際、履歴書のスキャンダルは非常に一般的なのである。 Business Insiderには、Diのウェディングケーキのデザインについて嘘をついたセレブシェフ、学士号と修士号を持っていると主張しているにもかかわらず大学の学位を一度も受け取ったことのないMITディーン、コンピュータサイエンスの学位を取得したことのないCEOなどが報道された。
ENDOはこのような問題をどのように解決するのか?
例えば、公開されているAPIキーを持っているHeadhunter.comというウェブサイトを考えてみると。ある人が履歴書をアップロードすると、以前の経験で指定したすべての企業や教育機関に、その人が真実であると主張する情報の品質を確認するよう通知する通知がすぐに送られる。これは、システムに登録されている場合は、ENDOアプリケーションを使用して簡単に実行でる。 ENDOは、自動データ検証システムを使用して、この状況を容易に管理し、人間の言葉に重さを戻す。
チェーン3:ビジネス-ビジネス
企業の専門家は、組織の中には、特定またはすべての法律上または財務上の問題で他人のために行動する権限を与える委任状という書類があることに同意する。あなたの弁護士が悪い人であり、必要な支配権がないと判明した場合、委任状は誰にでも配布され、恐ろしい結果が生じる可能性があるのだ。社内に5,000人以上の人がいる場合、不正な職員または無能な従業員から委任状を押収することができないため、これらのプロセスを管理することはさらに困難となる。
ただし、会社全体のデータベースとドキュメントがデジタル形式で公開されているブロックチェーンで確認されていれば、それが無効かどうかを直ちに確認できる。残念なことに、特に公式文書と弁護士の鍛造は、現代世界が直面する別の共通問題である。
金融業界における文書偽造は、あなたが思うよりも一般的である。 21世紀には何百万ドルのビジネス取引が行われますか?企業は、契約書に署名する。そのような契約の有効性を保証する唯一のものは、印鑑と署名である。 CIBCの元代表は、職場の営業職員の85%が書類を偽造していたと指摘し、マネージャーもこれを奨励していた。
チェーン4:政府-ビジネス
世界のすべての政府は、テンダーとも呼ばれる様々な企業と公共調達システムを持っており、政府や金融機関は、期限内に提出しなければならない大規模なプロジェクトの入札を招待する。選択した契約の内容と送信者の身元を確認し証明するために、一部の政府は公開鍵暗号化によって生成され、認証されたデジタル署名を使用する。実際、多くの現代的な購入は、デジタル署名を使用して行われ、検証の点では非常に信頼できると考えられている。皮肉なことに、デジタル署名は簡単に失われる可能性がある。不正確または不正な会計士が、簡単に使用できる。さらに、異なる国々では、電子署名の基準がまったく異なり、さらに複雑な問題が発生する。
ENDOでは、証明書の所有者だけが問題の情報を検証または使用できるため、このような問題およびその他の問題は直ちに解決される。州政府内に秘密情報と個人情報が保存されている閉鎖された秘密の部分と、トランザクションや契約の状態だけを保存する公開部分を持つブロックチェーンなのである。
チェーン5:政府-政府
何世紀にもわたって、地方や世界の政府は契約を締結している。ほとんどの過去の協定から条約まで、現在の規制、行為、および協会の数が増えている。後者の出現の主な理由の1つは、国際的な不正行為やデータの偽造という事実である。最近の例では、欧州議会の主要議題の1つになっているアンチマネーロンダリング(AML)規制である脱税を減らすことを目的とした米国の法律、外国勘定税務遵守法(FATCA) Wolfsberg Groupの目標であるNGOは、KYCとテロ対策資金(CTF)ポリシーのための金融業界基準を開発することであった。
過去、そして今日でも、機密データを交換するのは難しく危険である。再保証されるためには、各取引所は個人データの交換であるため、政府は100万の追加規定を作らなければならない。 ENDOでは、政府は単にステータスを交換できるため、個人データを交換する必要はない。情報の信頼性、セキュリティの保証、およびリスクの排除を意味するブロックチェーンで処理される。
チェーン6:政府-人
各国間を移動する場合、特定の国の国境を越えて渡るためには、パスポートとビザが必要であrh。すべての州政府は、個人への旅行ビザの権利を有している。
例えば、男性が会社から詐欺のために解雇さたとする。彼は以前に会社で就労ために複数のビジネスビザを取得していた。解雇後彼は個人的(恐らく詐欺的な目的で)は世界中を旅行し続けることができる。
例えば州当局が重度の違反行為のために一時的に運転免許証を取り下げた場合、問題の人は一時的な運転免許証を持って海外に行く。一時的な運転免許証により、彼らは別の人に死をもたらす。 ENDOはこのような恐ろしい事態を防ぐためのソリューションを提供している。
ソリューション
ENDOプロトコルは、認証された情報の追跡と暗号化されたデータストレージの問題を解決し、さまざまな種類の重要なデータに対して単一の安全な環境を作成することを目指している。教育、身分証明、医療記録などに関する個人情報、企業情報および公的情報はすべて、エンドユーザーの第三者に保護された情報へのアクセスを提供することによって、個人情報のプライバシーを保証すると同時にENDOプラットフォームを通じて管理することが可能だ。 ENDOのアプリケーションAlpha版はすでに開始されており、ヨーロッパ最大のコーチング、配信会社、大学との連携に成功している。
ENDO公式ホームページはこちら
※プロジェクトへ参加される際は管轄の専門家に相談し、自身でも利用規約やプロジェクト内容の確認を十分に行いましょう。投資をおこない損失などが生じた場合、CCMでは一切の責任を負いません。全て自己責任となります。
Source: クリプトカレンシーマガジン